メニュー

  ヘム鉄メディコ 発売元

ヘム鉄メディコ

吸収率の良いヘム鉄(動物性)
非ヘム鉄に比べ5~8倍の吸収率
1粒に2.5mg・1日量2~6粒

ヘム鉄メディコ

ヘム鉄メディコ

ヘム鉄メディコ

「鉄分」は体内への吸収率が低く、気づかないうちに不足してしまうことがあります。
そこで、一般的な「鉄分」に比べ、吸収の良い「ヘム鉄」と、
「鉄分」の吸収を助ける成分の「銅」、「CPP(カゼインホスホペプチド)」が主成分の『ヘム鉄メディコ』は、いかがでしょうか。

ヘム鉄メディコ
価格 6,000円(税別)
原材料 デキストリン、食用酵母(銅含有)、CPP(カゼインホスホペプチド)、ヘム鉄、結晶セルロース、ショ糖脂肪酸エステル、二酸化ケイ素、セラック、グリセリン脂肪酸エステル(原材料の一部に乳、豚肉を含む)
内容量

54g(300mg×180粒)

【1粒300mg中 鉄2.5mg 銅0.25mg CPP5mg】

栄養成分表示
(2粒 600mgあたり)
エネルギー:2.38kcal
タンパク質:0.23g
脂質:0.04g
炭水化物:0.28g
ナトリウム:0.50mg
鉄:5.0mg
銅:0.5mg
CPP:10mg

商品に関するお問い合わせ

『ヘム鉄メディコ』の特徴

「鉄」を主成分としたサプリメント(健康補助食品)には、「クエン酸鉄」や「ピロリン酸鉄」といった【3価鉄】や、植物性の「非ヘム鉄(=3価鉄)」を配合している製品があります。

 

それらの製品は、1日分の目安量に多くの「鉄」を配合してあります。
なぜなら、【3価鉄】は、体内への吸収率が2~5%と低いからです。
吸収率が低いために、出来る限り多くの「鉄」を摂る必要があるからです。

 

また、【3価鉄】は、胃腸への負担が強く、体内への吸収率が2~5%程度と低いために、体内に吸収されなかった「鉄」が老廃物(=その時点で不必要な成分)として排出されてしまうために、便が黒くなってしまう可能性があります。

 

「『ヘム鉄メディコ』は、植物性の「非ヘム鉄(=3価鉄。体内への吸収率は2~5%程)」に比べ、5~8倍も吸収に優れている「ヘム鉄」を1粒(300mg)中に、「ヘム鉄パウダー」として125mg(鉄として2.5mg)配合しています。

 

また、『ヘム鉄メディコ』は、吸収の優れた「ヘム鉄」をさらに体内に吸収させやすくするために、「鉄」の吸収を助ける「銅」と、「CPP(カゼインホスフペプチド)」を配合してあります。

『鉄分』とは?

一般的な成人の体内には、約3g程度の「鉄分」があります。

 

そのうち、約60%が「赤血球」の血色素(ヘモグロビン)の主成分となります。
ヘモグロビンとは、ヘム色素をもったタンパク質で、その色素の中心に「鉄」があり、その「鉄」が酸素と結びつく事によって「酸化鉄」になり、ヘモグロビンは赤くなります。

 

残りの「鉄分」は、筋肉内のミオグロビンやチトクロームの構成成分として使われています。

 

その他の余った分は、肝臓・脾臓・骨髄などに、「貯蔵鉄」として貯蔵されます。

 

「鉄」の体内での働きは、ヘモグロビン構成成分として、肺に取り込んだ酸素を全身に運ぶ【酸素の運搬】や、ミオグロビン構成成分として、血液中の酸素を筋肉に取り入れることです。

 

また「鉄」は、細胞内で酵素の構成成分として酸素を活性化させ、エネルギーの産生を助けたり、タンパク質の代謝に関与するなど、身体にとって大切なミネラル成分です。

 

身体にとって大切なミネラル成分の「鉄」は、体内で再利用されるサイクルになっており、また肝臓などに「貯蔵鉄」として貯蔵されています。

 

1日に体外に排出される「鉄」の量は約1mg程度と少ないために、1日に必要とされる所要量も、成人男性で7.5㎎、成人女性で10.5㎎(厚生労働省策定 日本人の食事摂取基準 2005年版)と、他の成分に比べ少なめになっています。

 

しかし「鉄」は、吸収率(一般的に約8%程度)が低いために、気づかないうちに足りなくなっています。
また、コーヒーや紅茶、緑茶などに含まれているカフェインやタンニンは、「鉄分」の活性を低下させるといわれているので、注意が必要となります。

『ヘム鉄』とは?

『ヘム鉄』とは、身体に吸収されやすい「鉄」の事で、肉や魚などの動物性食品に多く含まれている成分です。

 

食品中に含まれる「鉄分」には、『ヘム鉄』と『非ヘム鉄』があります。

 

魚や肉などの動物性食品に含まれている鉄分を『ヘム鉄』、野菜などの植物性食品に多く含まれている鉄分を『非ヘム鉄』といいます。

 

一般的に、「鉄」は、体内で【2価鉄】になる事によって、吸収されます。

 

植物性の「非ヘム鉄」は【3価鉄】のため、体内でビタミンCなどによって一部が還元され、【2価鉄】になる事によって吸収されるので、吸収率が2~5%程度といわれています。

 

「ヘム鉄」は、もともと【2価鉄】にヘムがついている状態のため、体内でヘムが取れ【2価鉄】に変換されるため、吸収が良いといわれています。

その吸収率は、「非ヘム鉄」の5~8倍程度も優れています。

 

医療機関などで処方される「鉄剤」の場合、胃腸への負担が強く、また、体内で吸収されなかった「鉄」が老廃物として排出される際、便を黒くすることがあります。

「ヘム鉄」は、胃腸への負担が少なく、また吸収率に優れているので、便が黒くなるといった事もありません。

『銅』とは?

『銅』は必須ミネラルの一つで、ビタミンCの代謝を助けたり、骨髄でヘモグロビンを作るときに、鉄の働きを促進させたり、また、消化管での「鉄分」吸収を助けるといった働きをします。

 

『銅』は、ヒトの体内で「鉄分」とヘモグロビンが結びつくために必要なミネラルです。
そのため、「鉄分」だけを摂取しても、ヘモグロビンが生成されないため、「鉄分」の摂取を考える上で、同時に摂取すべきミネラル成分と考えられます。

『CPP』とは?

『CPP(カゼインホスホペプチド)』とは、牛乳の主要タンパク質である「カゼイン」に酵素を作用させて得られる部分分解物の事で、ヒトの体内では、小腸から「鉄分」の吸収を助ける働きがあります。

ヘム鉄メディコ

「鉄分」は体内への吸収率が低く、気づかないうちに不足してしまうことがあります。
そこで、一般的な「鉄分」に比べ、吸収の良い「ヘム鉄」と、
「鉄分」の吸収を助ける成分の「銅」、「CPP(カゼインホスホペプチド)」が主成分の『ヘム鉄メディコ』は、いかがでしょうか。

ヘム鉄メディコ
価格 6,000円(税別)
原材料 デキストリン、食用酵母(銅含有)、CPP(カゼインホスホペプチド)、ヘム鉄、結晶セルロース、ショ糖脂肪酸エステル、二酸化ケイ素、セラック、グリセリン脂肪酸エステル(原材料の一部に乳、豚肉を含む)
内容量

54g(300mg×180粒)

【1粒300mg中 鉄2.5mg 銅0.25mg CPP5mg】

栄養成分表示
(2粒 600mgあたり)
エネルギー:2.38kcal
タンパク質:0.23g
脂質:0.04g
炭水化物:0.28g
ナトリウム:0.50mg
鉄:5.0mg
銅:0.5mg
CPP:10mg

商品に関するお問い合わせ

注意事項

弊社は「ヘム鉄メディコ」の発売元です。
取扱希望の方は、弊社までお問い合わせ下さい。

フリーダイヤル:0120-78-1833
E-mail:このメールアドレスはスパムボットから保護されています。閲覧するにはJavaScriptを有効にする必要があります。

ご購入を希望される場合は、お近くの医療機関または、正規販売店をご紹介させて頂きますので、
ご相談窓口よりご住所とご希望の製品をご連絡頂くか、フリーダイヤル 0120-78-1833 までご連絡下さい。
合わせて、ヘム鉄メディコに関連する資料・小冊子をご希望の方は、弊社までご連絡下さい。

製品一覧へ ご相談窓口

Copyright © 株式会社カイン All Rights Reserved.